97%の方の症状が和らいだ、21日間の無料動画講座とは?



この無料動画講座では、97%の方の不安・恐怖症が、
実際に改善した方法をお伝えしています


どうして、不安が和らいだのでしょうか?

この動画を見た、M.Mさん(41歳 男性)
この動画は、とても貴重だと思います。

私は、不安症になった時は、
私の精神がおかしくなったのだと思って、
落胆していましたが、

そういうことではなく、
ちゃんと治る病気だということが、
理論的にわかったので、
希望が湧きました。

この動画を見たM.Wさん(46歳 男性)
この動画を見ただけで、安心感に包まれました。

不安になった時に、何度も見返すようにしています。

すると、頑張って治すことが出来るんだと、
また、希望が沸いてきます。

この動画を見た、H.T様(29歳 男性)
知人と苦手な外食に行ってきました。
久しぶりに楽しく外で、食事ができました。

今までは、帰ってくると楽しめない自分が、
いつも悔しくて涙が出ていました。

でも、今日は、笑顔でした。
明日も誘われてます。

頑張って行ってきます。

この動画を見た、S.Sさん(33歳 女性)
辛い時は、この動画を見れば、
どうすればいいか、すぐにわかります。

セッションを受ける少し前は鬱気味でした。
こんなに、不安のない毎日、夢みたいです。


この動画講座では、あなたを不安や恐怖から
守る方法をお伝えしています。

あなたはいくつご存知ですか?

  • なぜ、不安、恐怖症になるのか、その発症のメカニズム
  • ズバリ、いやな症状の改善法とその正しい手順
  • いざ、症状が起こったとき、どう対処すべきか?
  • 飲みたくないけど、飲まないといけない!?薬について
  • あなたの症状が治りにくくなる絶対にしてはいけないこととは?

無料動画講座を見た方からのアンケート結果です。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。



不安・恐怖症専門カウンセラーによる動画講座です


<<プロフィール>>
横井延昌(よこいのぶまさ)

心理カウンセラー
トラウマ改善コンサルタント
認知行動療法士

クライアントさんと、一緒に、不安や恐怖を改善してきた数は、4000セッションを、超えました。
私は、セッションをするうえで、
クライアントさんの、症状改善という、
”結果”を出すことを一番に考えています。

是非、あなたの幸せな人生に
協力させて頂けましたら幸いです。

ここであなたと出会えたご縁に
心より感謝しています。


なぜ無料で提供するのですか?

いわゆる”心の病”に、苦しんでいらっしゃる方は、
世間の病気に対する誤解や、無理解のせいで、仕事を失ってしまった方や、
障害者年金で生活していらっしゃる方が、少なくありません。

なので、本来治るべき病気が、治らないで苦しんでいらっしゃる
クライアントさんが多いのです。

そこで、微力ではありますが、無料でできる、ギリギリの範囲で、ご協力させていただきたいと思った次第です。

ですから、無料ではありますが、お届けする内容は、実際に私がカウンセリングで提供している情報と一切変わらず、手抜きはありません。


動画講座は、無料です
しかもいつでもすぐにやめることができます

もし、役に立たないと思ったら、購読中止は、メールの末尾からいつでも簡単にできますので、ぜひあなたの目でご判断いただければと思います。

また、他社にメールアドレスを販売することはございませんので、ご安心ください。

突然、請求が行くこともありませんし、有料になることはございません。


お申し込み方法は、かんたん

以下の、ボタンをクリックして、注文画面に、お名前(ニックネームでもOK)と、

メールアドレスを記入してください。

直ぐに、第一回目の講座が、ご登録のメールアドレスに届きます。

パソコンでも、スマートフォンでも見ることができます。


97%の方の症状が和らいだ、21日間の無料動画講座とは?

あなたはいくつご存知ですか?

  • なぜ、不安症や、恐怖症になるのか、そのメカニズム
  • ズバリ、いやな症状の改善法とその正しい手順
  • いざ、症状が起こったとき、どう対処すべきか?
  • 飲みたくないけど、飲まないといけない!?薬について
  • あなたの症状が治りにくくなる絶対にしてはいけないこととは?

無料動画講座を見た方からのアンケート結果です。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。



お客様からの手紙

いつも支えていただきありがとうございます。
J 市 M.S様

私は、お店や電車など人が集まる場所、歯医者や会議など拘束される場所になると、動機がして不安感と共に、パニック発作が起きていました。
これから、一生この不安感と発作と共に生活して行かなければならないのかと思うと、生きていくのが辛くてたまらなかったです。本当は、不安なく思いっきり好きなことを好きなだけ楽しみたいのに、、、何とかこの辛さから抜け出したい思いでセッションを申込みました。人見知りなので緊張しないか心配でしたが、話の合間に、「わかりにくいところや、質問はありませんか?」と、聞いてくれるので、遠慮せず自分の気持ちを伝えることが出来ました。セッション以外の時でも不安な時や声が聞きたい時は連絡をしてもいいですよ。と、言ってくれるので、それだけで心強いです。今は、少しづつ不安な症状を自分でコントロールできるようになり、生きることがちょっとだけ楽になりました。
きっと一人では乗り越えられなくでも、側で支えてくれる先生がいるから、この先も乗り越えられると思います。

横井先生
F町 T.K様

いつもお世話なっております。本当にありがとうございます。
中略 もしも私の大切な人が私と同じように悩んで苦しんで辛い状況になっていたら、私は自信を持って先生をお勧めできます。
今より元気になれる事は確実です
先生、いつも本当にありがとうございます。

横井先生
匿名希望36歳男性

いつもお世話になっております。
セッションを受ける前は、うつ状態、パニック障害がひどく、特に対人関係に対する恐怖心が強く日常生活もほとんどできない状態でした。
「こんなことで良くもならないだろうな。」と言うのが率直な感想です。
実際、一年近く体調は改善しませんでした。
それでもがんばってセッションを続けていくうちに次第に体調も改善していき、できることも増えていきました。
セッションを続けていくうちに徐々に病気に対する認知が変わり、対人恐怖やパニック障害に対する恐怖心がだいぶ薄れていきました。
今でも完全に病気を克服するまでには至りませんが、改善傾向にあるのは自分自身で十分に実感しておりますので何卒、今後ともご協力をお願いしたいと思っております。

横井先生
K市 M.U様

ご無沙汰しておりますが、本当にすっかり元気になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

いつも大変お世話なっております。
Y市 H.S様

先生のアドバイスのおかげで毎日頑張れます。
ありがとうございます。

横井先生のセッションを受けて
O市 S.S様

現在42歳です。23歳でパニックを発症し、10年間心療内科の薬を飲んで表面的には普通に過ごしておりました。
でも、30歳のころ。毎日の薬は飲んでいたものの、頓服を飲まずに高層エレベーターに乗り、大きな発作を発症してから薬を飲んでも症状が治まらなくなりました。
それまで、薬さえ飲んでいれば大丈夫だった「高速道路」に乗れなくなりました。
仕事に支障をきたし始めたため、退職。
その後、望んでいた妊娠。
ただ、そこから薬との付き合い方が変わりました。
まず、日常薬の断薬とつわりのWパンチ。
今まで体験した事がないような大きな発作を、ただひたすら寝て、家から一歩も出ずにやり過ごす日々。
安定期に入り、頓服の許可をもらい、無事出産。
その後「薬を飲んだ24時間は頓服もダメ」と言われ、頓服も飲まない日々突入。
それが丁度、10年前。
そこからが真の地獄でした。
私はそれまで、自分で比較的軽いパニック患者だと思っていましたが、思ったよりも重症でした。
慣れない育児と発作の恐怖。
常に息苦しさを感じ「息ってどうやってしていたんだっけ」と思う事も。
そんな中、まずは別の所でヒプノセラピーにかかりました。
それが悪かった訳ではないです。それにもだいぶ、救われはしました。
でも、最後の一歩が越えられない。高速の壁が越えられない。
いや、実際は1度高速の壁は越えたのです。
でも、その後、自分史上最悪の体調の悪さを体験。
その前、若干良くなっていた分、落ち込みの幅も大きく、途方にくれました。
でも、そのおかげで「パニック障害ときちんと向き合おう」との気持ちになり、横井先生のセッションにたどり着きました。
最初はもちろん、不安もありました。
電話だけで、何がわかるのだろう? と。
でも、初めての体験で、私が欲しかった言葉がいっぱいもらえました。
それはキレイ事なんかじゃなく、自分でも気付いていなかった、欲しかった言葉。
最初の頃は、不安がいっぱいでした。何度も同じことで悶々と悩むことに、我ながらあきれ、我ながらむなしくなりました。
でも、その度先生は「あわてず、焦らず、でもあきらめず」と言って、決して見放す事はありません。
そして、セッションを受けると、その後必ず前進しているんです。
セッションを受けた後、色んな実践をします。
その度「怖い。ツライ」と思います。
でも、何度も繰り返すと気付くのです。
「やる前は怖くてツライ。でも、やった後の達成感半端ない」 実践はすべてが完全に成功する訳ではないのです。
それでも、実践をやって後悔した事は1度もなかったのです。
この実践は、生半可な覚悟のカウンセラーさんとやってはいけません。
余計につらくなるだけです。
でも、先生は実践の時そばにいないけれど、LINEの向こうで待機していてくれます。
安心感を与えてくれます。
そして、決して無理な提案はしてきません。
乗り気じゃなければ、なぜ乗り気じゃないのかを一緒に考え、必ず前進の道筋を示してくれます。
今年の春、私は念願の高速道路に乗れました。
前の時のように無理やりではなく。自分で納得しての高速道路。
その間、もちろん不安はありましたが、発作はほとんど出ませんでした。
完全にゼロではないですが、今までの体感5%くらいしか出ませんでした。
もうね、この5%とは付き合って行くしかないのです。
帰り道、最後の高速前に不安がよぎりました。
その際は電話しても良いんです。
そして先生に「白川さんは久しぶりの旅行で疲れているんです。疲れた人は、自分の一番弱い所に症状が出るんです。腰痛持ちは腰に、足を怪我した人はそこに。白川さんの場合は、それが自律神経に出るんです。だから、それはパニック発作ではなく、疲れからくる、自律神経の乱れです」と言われました。
その言葉に、どれだけ楽になれたか。
パニック発作と戦っている最中にコレを言われてもピンとこなかったかと思います。
でも、色々な実践を重ね、パニックと向き合った私には響きました。
ネットでも病院にかかってる体験者も「パニック障害は治らない」と言います。
でも、本当にそうでしょうか? 私は確かに、完全に治ってはいません。でも、こんなに楽になっています。
治るか治らないかじゃなく、どう楽に暮らせるようになるかだと思います。
「治らない」と記事を見て途方に暮れている人に、少しでも勇気が湧きますように。

ご注意
携帯電話のアドレスの方は、n.y4513@gmail.comの、メールアドレスを受け取れるように設定してください。
GmailやYahoo!のオンラインメールの際は、迷惑メールに受診される場合がありますので、届かない場合はご確認ください

ご利用規約をお読みください
本 メールマガジンは利益の保証や損失の保証を失うものではありません
ご登録メールアドレスに映写のサービスのご案内をお送りすることがあります
メルマガはいつでもワンクリックで簡単に解除されます
提供された個人情報は個人情報をに規定された手続きにより個人情報データを削除できます


特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー  お申し込み